Advertisement cost

手提げ袋にプリント依頼【信頼できるところが見つかる】

展示会などでの広告

1人でも多くの人に

紙袋

大きな会場では、各種展示会や大型の合同就職イベントなどがよく開催されています。
このようなイベントでは、1日に何千人、何万人もの多くの人が訪れます。
このような多くの人が集まるイベントで、有効な広告手段として手提げ袋があります。
意外に思われる方もいるかもしれません。
普通の手提げ袋では何の広告にもなりませんので、この手提げ袋に、自社のURLやロゴ、商品名などをプリントします。
こういったイベントでは来場者は会場内を歩いて回ります。
各ブースで資料などをもらった際に便利なのが手提げ袋になります。
広告の入った手提げ袋を持って歩いてくれるので広告効果として高いものになります。
特に就職イベントにおいては、学生から人気のある企業とそうではない企業にかなりの差があります。
知名度の低い企業は、ブースに来た学生に資料と一緒に手提げ袋を渡します。
あとはその学生が会場内を回ってくれるので宣伝効果として効果的です。
その効果は、会場内だけではありません。
会場から出て帰宅するまでも宣伝になりますし、色々と寄り道をして帰宅して貰えれば、その間ずっと宣伝をしてもらえることになります。
広告といえば、テレビCMや今ではネット広告が主流になりつつありますが、敢えてこのような原始的な手法が効果的な場合も多くあります。
また、手提げ袋での広告はインパクトを与えることも出来、イベントによって来場者のターゲットを絞ったPRを行えば効果はさらに大きなものになります。

女性に人気

印刷機

ネット広告は見たくなくても自然と目に入ってしまって抵抗を感じる人が多くなっています。
もっと自然に宣伝をする方法を考えてみましょう。
例えば、手提げ袋を使った宣伝はとても人気があります。
手提げ袋を使った宣伝というのは、紙袋に会社名やロゴ、商品名、イラストなどをプリントするという方法になります。
紙袋は荷物を入れる時に使う人が多いので、何枚でも持っていて損はありません。
また、使っている間、自然といろいろな人の目に触れることになります。
そんな自然な宣伝ができる方法として有効的な方法です。
もちろん、誰が持ち歩いても違和感のないような手提げ袋を作りましょう。
そうすれば、マイバッグとして持ち歩いてくれる人も居るかもしれません。
実際に、デザイン性に優れている紙袋などは、プライベート用バッグとして荷物を入れて持ち歩く人も多くなっています。
荷物がかさばる時などの予備用バッグとして、常にカバンに入れておくというのもお勧めです。
まず、企業側としては、使ってくれる対象年齢などを考えましょう。
若い女性に使ってもらえるようにするには、圧倒的にデザインを工夫することが必要です。
可愛いデザインなら、どんな女性でも普段使い用のバッグとしてその手提げ袋を使ってくれるものだからです。
もちろん、手提げ袋は印刷業者などに頼んで専門的に作ってもらいます。
できるだけ安価な業者を選びましょう。
単価が安い業者なら、ネット広告よりも断然お得な価格で宣伝できます。

ブランド価値を高める

手提げ袋

商品を購入した際に、その商品を手提げ袋に入れて持ち運ぶと便利です。
通常の手提げ袋の役割は、品物を入れて運ぶためにあります。
袋を利用することで、たくさんの荷物を一回で持ち運べるため、外出の際には欠かすことができません。
ただし、近年ではこの手提げ袋を広告や宣伝のツールとして、効果的に利用する企業が増えています。
会社の社名やロゴマークをプリントした独自のものを作成し、商品を買った利用者に、その商品を入れて渡すことによって、利用者は持ち運びに便利で、企業や会社は自社の商品や会社名の宣伝ができる効果が生じます。
そのため、企業や会社において手提げ袋の重要度は高く、商品の値打ちに加えて、手提げ袋に関してもバリューを付加させる戦略をとっています。
ハイブランドな商品を購入しても、安っぽい袋に入れてしまうと、その企業や商品のブランド価値にも影響します。
反対に、独自の工夫をこらした手提げ袋を高級感が出るように作成することで、ブランド価値が高まります。
加えて、その商品を買った利用者の評価も向上します。
利用者が自社の商品を購入して、自分の家に帰宅するまでは、自社の手提げ袋を絶えず持ち歩くことになります。
多くの人が行き交うさまざまな場所で、自社のオリジナル手提げ袋を携帯するため、特徴のある手提げ袋を作製することで広告の影響が高まります。
目立つ作りで、かつハイブランドを演出する手提げ袋を自社で作製するのは大変です。
そのため専門の業者に依頼すると良いです。

消費者目線の宣伝効果

色見本

お店側が用意する手提げ袋は、目立つ存在であればそれが宣伝効果にもつながります。これに取り組むには、専門業者へオリジナルな手提げ袋を注文することができます。ロゴやデザインを決めたり、丈夫な素材を業者から選ぶことができるので、希望の手提げ袋を実現させることができるのです。

もっと読む

アイデアで宣伝効果を得る

印刷

手提げ袋はオシャレと高級感を意識して設計できる点が特徴です。材質の選定だけでなく表の部分に印刷ができ、広告としての価値があります。発注先は印刷会社や業務用袋専門店で、編集ソフトとウェブサイトを使用した入稿が可能です。持ち歩くことにより、街中や交通機関の中で多くの人に見てもらう機会が発生します。

もっと読む

歩く広告として機能

手提げ袋

店舗で来店客に渡される手提げ袋は、商品を持ち帰ることだけが目的ではなく広告としての役割も担っています。デザインに優れた手提げ袋は街や車内でも周囲の人の注目を集めてくれるため、店の宣伝に役立つのです。高級品やブランド品を扱う店では商品に相応しいオリジナル手提げ袋を作ることで、ブランド力も高まります。

もっと読む