Advertisement cost

手提げ袋にプリント依頼【信頼できるところが見つかる】

アイデアで宣伝効果を得る

カバン代わりが広告に

印刷

チラシやハガキのように広告手段はある程度限られていますが、アイデアが効果アップとコスト削減を両立させることがあります。
近頃は店舗備品でもおなじみの手提げ袋に注目が集められ、力を入れて開発に取り組む企業が増加傾向です。
手提げ袋はシンプルな無色もしくは単色のイメージもありますが、材質以外にデザインもオリジナルの内容で印刷できます。
ポイントはナイロンのレジ袋とは異なり、手提げ袋は高級感やおしゃれな雰囲気で設計できる点です。
一部の企業においては、商品名や企業名を印刷せず、色やデザインのみでサービスを連想させることに成功しています。
つまり、手提げ袋の持つ可能性はアイデア次第で無限という意味でもあり、長い時間をかけて取り組む価値があるでしょう。
発注先は印刷会社や業務用袋専門店で、多くの場合はインターネット通販も可能です。
印刷部分はデザイナー依頼のほか、所持しているデータを編集ソフトで加工し、アップロードする方法も選択できます。
材質は発注先によって異なりますので、十分に比較してからの選定がベストでしょう。
手提げ袋の持つ広告効果と目的は、袋を使用する本人のみが見ることではありません。
ナイロン袋と比較し、持ち歩いている姿がおしゃれであることから、カバン代わりの2次的な使用が期待できます。
例えば街中を歩いているとき、ショッピング中や信号待ちの間に視線をキャッチする可能性が高まるでしょう。
鉄道やバスの中でも同様で、手提げ袋を持つ人が移動広告の役割となるのです。

改善点の有無を確認する

紙袋

法人向けのサービスの一つに、手提げ袋広告があります。
これは、購入された商品を入れる手提げ袋に店の広告を印刷するというものです。
手提げ袋広告は、インターネット広告のように一部の世代のみにアピールするものではありません。
あらゆる人が目にするため、高い宣伝効果が得られるのです。
専用の業者では、それぞれの希望に応じた手提げ袋製作が行われています。
また、実際に作る枚数も指定することが可能です。
一度注文をしたら再度同じデザインで増産してもらうこともできるため、追加注文が必要になった時に便利です。
手提げ袋のデザインを決める際には、様々なパターンから選択する作業が必要です。
手提げ袋には、サイズやカラーや素材など色々なバリエーションがあります。
また、広告用に入れる店名や社名のデザインをどうするかについても考えなければなりません。
ロゴのデザインによっては、手提げ袋のカラーによって打ち消されてしまいます。
宣伝するのが目的ですので、店名や社名が目立つように総合的なデザインを考えることが大事です。
手提げ袋広告を申し込むと、まず、最初にデザインの打ち合わせが行われます。
実際に使用する素材のサンプルやパソコンを使ったシミュレーションを見ながら考えることができるため、出来上がりを具体的に想定することができます。
デザイン決定後には実際に決めたデザインでサンプルが作られるため、修正点がないかどうかじっくりとチェックを行います。
改善すべき点がある場合には、早い段階で申告して修正を施すようにします。

使いたくなる工夫を

カラーチャート

お買い上げ商品の持ち運びをサポートする手提げ袋は、デザインと材質にこだわりを表現する企業が増えています。
特徴が感じられない手提げ袋は単なる入れ物ですが、特別なプリントと形状は所持している人以外からの視線をキャッチするのです。
つまり、広告効果が得られるという意味であり、コストをかけてオリジナル手提げ袋を開発する価値があるといえるでしょう。
また、レジ用品の手提げ袋以外に、プレゼント企画やノベルティグッズとしても活用できるため、希少性を高める工夫もアイデアの1つです。
業務用手提げ袋は通販で簡単に購入できますが、広告を意識して注文する際は専門店や印刷会社が適しています。
デザイン依頼と手提げ袋の注文が一元化でき、完全オリジナルのオーダーメイド品にも対応しているからです。
材質と印刷の種類が選べる点にもポイントがあり、フイルム付きは印刷面の長持ちに、金や銀の箔押しは高級感が表現できます。
手提げ袋に対するこだわりは大切ですが、利用者目線に立つことが大前提であり、入れ物としての使いやすさを意識しなければなりません。
例えばインパクトをテーマとした場合、持ち歩くのが恥ずかしいレベルでは使われる機会が失われるでしょう。
女性を意識した広告であれば、オシャレやトレンドを優先し、ファッションアイテムとして設計します。
また、持ち歩くという要素が入りますので、細かな文字は読まれる機会が少ないはずです。
メッセージの伝わりやすさが広告効果を左右するため、他社デザインを検証してみることも大切といえます。

消費者目線の宣伝効果

色見本

お店側が用意する手提げ袋は、目立つ存在であればそれが宣伝効果にもつながります。これに取り組むには、専門業者へオリジナルな手提げ袋を注文することができます。ロゴやデザインを決めたり、丈夫な素材を業者から選ぶことができるので、希望の手提げ袋を実現させることができるのです。

もっと読む

アイデアで宣伝効果を得る

印刷

手提げ袋はオシャレと高級感を意識して設計できる点が特徴です。材質の選定だけでなく表の部分に印刷ができ、広告としての価値があります。発注先は印刷会社や業務用袋専門店で、編集ソフトとウェブサイトを使用した入稿が可能です。持ち歩くことにより、街中や交通機関の中で多くの人に見てもらう機会が発生します。

もっと読む

歩く広告として機能

手提げ袋

店舗で来店客に渡される手提げ袋は、商品を持ち帰ることだけが目的ではなく広告としての役割も担っています。デザインに優れた手提げ袋は街や車内でも周囲の人の注目を集めてくれるため、店の宣伝に役立つのです。高級品やブランド品を扱う店では商品に相応しいオリジナル手提げ袋を作ることで、ブランド力も高まります。

もっと読む