Advertisement cost

手提げ袋にプリント依頼【信頼できるところが見つかる】

歩く広告として機能

ブランド力アップにも効果

手提げ袋

何らかの商品を販売している店では、購入してくれたお客様が商品を持ち帰るための手提げ袋を用意しているものです。
現在ではスーパーマーケットやコンビニを始めとしてポリエチレン製のレジ袋を利用する店も増えていますが、専門店では高級感の感じられる紙袋が多く使われています。
このようなタイプの手提げ袋は単に商品を持ち運ぶ目的だけでなく、購入客が袋を持ち歩くことで一種の広告としても機能しています。
紙製の手提げ袋には印刷業者に依頼して文字やイラストなどを印刷することができるため、袋のデザイン次第では道行く人の注目を集めることも可能です。
街頭ですれ違う人や前方を歩いている人がお洒落な手提げ袋を持っていれば、そのデザインと同時に店の名前なども自然と印象づけられます。
電車やバスの車内では手提げ袋が長時間乗客の目に触れることになるため、宣伝広告効果がさらに高まります。
同じ宣伝効果を屋外広告や車内広告で実現しようとする場合は、紙袋1枚当たりのコストと比較して非常に大きな費用が必要となるのです。
デザインに優れていて耐久性も高く作られた紙袋は繰り返しの使用に向いていることから、広告効果はいっそう広がりを見せます。
ブランド力の高い店のオリジナル手提げ袋を日常的な用途に活用している人も多く、広告の役割を果たすのは店から購入した商品を持ち帰る間だけにとどまりません。
印刷業者に手提げ袋を注文する際にはデザインや用紙の種類・表面加工・手提げヒモを工夫することによって、取り扱う商品や店のブランドイメージを高める効果も得られます。
特に高級服や輸入雑貨・ブランド品などを扱う店では、手提げ袋にセンスの良いデザインを採用することで商品の高級感もアップしてリピート客の増加につながります。
最近ではインターネットを使った広告が注目を集めていますが、地域密着型の店舗ではこのような手提げ袋を使った地道な宣伝活動も十分に効果的なのです。

発色の良さや強度

女の人

企業の宣伝用の手提げ袋は、多くの場合は紙や不織布、ナイロンで作られています。
これらはいずれも頑丈で破れにくい上に、発色が良く企業のロゴなどが美しく印刷されます。
それだけ長く効果的に宣伝できるので、手提げ袋の素材としてよく利用されているのです。
特に好評となっているのは紙で、これは発色においては上記の素材の中で最も優れています。
カラーバリエーションが豊富なので、その分デザイン性の高い手提げ袋が完成します。
それでいて製造コストが低めで、サイズやデザインにもよりますが、1枚50〜100円ほどが相場です。
低コストなので大量に配布しやすく、それにより一層宣伝効果を高くすることが可能となっています。
ところが紙製の手提げ袋は、雨に濡れたり重い荷物を詰めたりすると、破れることがあります。
そのためこれを回避するために、近年では不織布の手提げ袋を選ぶ企業が増えています。
不織布は紙よりも強度が高く柔軟性もあるので、水分や重みでは簡単には破れないのです。
ただしその分製造コストは、紙製のものと比較すると高めで、1枚あたり100〜150円です。
ただし不織布には水分を吸収する性質があるので、雨の日に持ち歩くと、濡れて色合いが悪くなることがあります。
しかしナイロン製の手提げ袋なら、その心配はありません。
撥水性があるので、土砂降りの中で持ち歩いても、印刷された企業ロゴなどの美しさが維持されるのです。
それでいて製造コストは不織布の手提げ袋よりも安く、1枚あたり100円前後が相場です。

多くの人にアピールできる

紙袋

ものを持ち運んだり、買い物などの際によく利用されている手提げ袋ですが、現在はその手提げ袋の宣伝効果に注目が集まっています。
手提げ袋は一般の人ならだれでも一度は持ったことのあるもので、とても馴染みがあります。
そしてその手軽さから、常に持ち歩きながら行動する人も良く見かけます。
そういった誰もが簡単に手に入れやすく、持ちやすいものを人の目に触れやすくすることで、大きな宣伝効果が生まれます。
具体的には、その手提げ袋の外面に宣伝したい商品や企業のロゴ、デザインを印刷することで、待ちゆく人の目に留まりやすくなり、これが宣伝になりえます。
特に印象的なものや派手なもの、またぱっと見は地味でもなぜか心に残るもの、こういったデザインが印刷された手提げ袋は見た人にインパクトを与えます。
宣伝とは、なによりいろいろな人に認知してもらうために行うことなので、こういった手提げ袋は低コストで確実な宣伝効果を与えます。
そんな手提げ袋を作りたい場合は、業者への依頼が不可欠です。
現在では、そういった袋類の宣伝効果から専門の業者の数も増えてきました。
特に商品の製作や販売を主としている企業は、このオリジナルの手提げ袋専門の業者にお世話になっているところも多いです。
またこういった印刷を専門としている業者に依頼することにより、用途に合った紙質を選ぶこともできます。
ビニールのものや安めのクラフト紙、ポーチなども選べ、他にもクリアファイルの印刷などに対応しているところもあります。

消費者目線の宣伝効果

色見本

お店側が用意する手提げ袋は、目立つ存在であればそれが宣伝効果にもつながります。これに取り組むには、専門業者へオリジナルな手提げ袋を注文することができます。ロゴやデザインを決めたり、丈夫な素材を業者から選ぶことができるので、希望の手提げ袋を実現させることができるのです。

もっと読む

アイデアで宣伝効果を得る

印刷

手提げ袋はオシャレと高級感を意識して設計できる点が特徴です。材質の選定だけでなく表の部分に印刷ができ、広告としての価値があります。発注先は印刷会社や業務用袋専門店で、編集ソフトとウェブサイトを使用した入稿が可能です。持ち歩くことにより、街中や交通機関の中で多くの人に見てもらう機会が発生します。

もっと読む

歩く広告として機能

手提げ袋

店舗で来店客に渡される手提げ袋は、商品を持ち帰ることだけが目的ではなく広告としての役割も担っています。デザインに優れた手提げ袋は街や車内でも周囲の人の注目を集めてくれるため、店の宣伝に役立つのです。高級品やブランド品を扱う店では商品に相応しいオリジナル手提げ袋を作ることで、ブランド力も高まります。

もっと読む