Advertisement cost

手提げ袋にプリント依頼【信頼できるところが見つかる】

消費者目線の宣伝効果

デザインや素材にこだわる

色見本

購入した商品を入れる手提げ袋などは、ロゴやデザインの影響からお店の宣伝効果につながります。
その手提げ袋がしっかりとした素材であれば、他の用事で消費者が使ってくれる可能性もあります。
つまり、宣伝効果が長く続く可能性もあるため、お店側が手提げ袋にこだわっていくメリットは大きいのです。
丈夫で目立つ存在の手提げ袋を用意するには、それを専門に手掛ける業者へ注文することができます。
宣伝を兼ねた手提げ袋を作るには、ロゴを印刷したり、オリジナルのデザインを手掛けていく方法がおすすめです。
これらを専門業者がサポートしてくれるため、希望の手提げ袋を作成していくことができます。
手提げ袋の作成は、専門業者側が用意するデザインを使用していくのもいいですし、完全オリジナルなものを作成してもらう方法も業者次第で可能です。
専門業者のほとんどがネットから注文を受け付ける形となっているので、メールのやり取りで注文や交渉ができるようになっています。
印刷をする手提げ袋の種類は、いろいろな形や素材があります。
その中から自由に選ぶことができ、大量注文にも対応しているので安心です。
希望の大きさや素材を慎重に選んでいくようにすれば、消費者側からも使いやすい印象が持たれます。
同じデザインの手提げ袋でも大きさごとに購入できる物もあるので、一気にそろえることも難しくはありません。
消費者に喜ばれる手提げ袋を目指していけば、お店自体のイメージアップにもつながります。

デザインの依頼も可能

男の人

手提げ袋に店舗の名前やトレードマークなどをプリントすると、それを持ち歩くことで店舗を紹介できるようになります。
そのため宣伝に便利なのですが、こういった店舗オリジナルの手提げ袋の制作には、多くの手間暇がかかります。
素材として厚手の紙や不織布などを使うことになるので、通常の印刷機やプリンターでは制作が困難なのです。
しかし専門業者に依頼すれば、オリジナル手提げ袋を手軽に量産してもらえます。
しかも注文も手軽で、WEB上で用意されているテンプレートに、希望する文字やイラストの画像を貼り付けて送信するだけで済むのです。
もちろんテンプレートは、手提げ袋のサイズごとに多数用意されています。
それぞれ幅や高さ、マチの広さや持ち手の長さが異なっているので、その中から最も希望に合うものを選択できます。
テンプレートへの画像の貼り付けが難しい場合には、業者に任せることも可能です。
テンプレートを選んだ上で画像ファイルを送信すると、業者が位置を選んで適した大きさで配置してくれるのです。
宣伝効果を考慮しながらの配置なので、これにより一層見栄えの良い手提げ袋が完成します。
配置後にはそのデータが業者から送られてくるので、それを見て気になる部分があった場合には、修正してもらえます。
フォントの色を変更したり、トレードマークを大きくしたりと、希望イメージに合わせてもらえるのです。
デザインが決まれば、枚数や料金、納期を確認した上で発注します。
発注後のキャンセルや修正は原則として不可となっているので、間違いがないかどうか十二分に確認することが大事です。

仕様やデザインを指定

印刷

店舗の名称やマスコットキャラクターのイラストなどがプリントされたオリジナルの手提げ袋は、宣伝ツールとして活用されています。
それを持ち歩けば、プリントの内容が、すれ違う人々の目に留まることがあるからです。
つまり手提げ袋を使えば、ポスターや看板と異なり、移動しながら店舗名などを紹介できるわけです。
そして手提げ袋は、印刷または袋製作の専門業者にオーダーすれば作ってもらえます。
オーダーは、電話やファックスでも可能ですが、近年では専らインターネットで行われています。
業者のWEBサイトにアクセスし、申し込みフォームに必要事項を入力して送信するだけで済むので、手軽なのです。
もちろん申し込みフォームでは、手提げ袋の仕様を指定できるようになっています。
具体的には枚数や素材やサイズ、一色刷りや二色刷りといった印刷形式などです。
またハンドル部分においても、紙製の紐やポリプロピレン製の紐、サテンのテープなど細かな指定が可能となっています。
そしてデザイン指定もまた、インターネットで行うことになります。
手提げ袋のサイズごとにテンプレートが用意されているので、それをもとにデザイン原稿のデータを作り、指定形式で保存してから送信するのです。
仕様やデザインを送信すると、業者から見積額が提示されるので、それに問題がなければ正式にオーダーをします。
その後、オーダー枚数にもよりますが、通常は約1ヶ月で手提げ袋が完成し、指定場所に納品されます。

消費者目線の宣伝効果

色見本

お店側が用意する手提げ袋は、目立つ存在であればそれが宣伝効果にもつながります。これに取り組むには、専門業者へオリジナルな手提げ袋を注文することができます。ロゴやデザインを決めたり、丈夫な素材を業者から選ぶことができるので、希望の手提げ袋を実現させることができるのです。

もっと読む

アイデアで宣伝効果を得る

印刷

手提げ袋はオシャレと高級感を意識して設計できる点が特徴です。材質の選定だけでなく表の部分に印刷ができ、広告としての価値があります。発注先は印刷会社や業務用袋専門店で、編集ソフトとウェブサイトを使用した入稿が可能です。持ち歩くことにより、街中や交通機関の中で多くの人に見てもらう機会が発生します。

もっと読む

歩く広告として機能

手提げ袋

店舗で来店客に渡される手提げ袋は、商品を持ち帰ることだけが目的ではなく広告としての役割も担っています。デザインに優れた手提げ袋は街や車内でも周囲の人の注目を集めてくれるため、店の宣伝に役立つのです。高級品やブランド品を扱う店では商品に相応しいオリジナル手提げ袋を作ることで、ブランド力も高まります。

もっと読む